2015年10月4日日曜日

山形35号~どまんなか~ 【特徴・育成経過・系譜図・各種情報】

地方系統名
 『山形35号』
品種名
 『どまんなか』
育成年
 『平成3年(西暦1991年) 山形県 県立農業試験場庄内支場』
交配組合せ
 『イブキワセ×庄内29号』
主要産地
 『山形県』
分類
 『粳米』
「どまんなか、です!」


どんな娘?

『はえぬき』の親友。
共にエリート道を目指しながらも挫折した経験あり。
ですがそんな自分の境遇にめげることも悲観することもせず、与えられた場で精いっぱい頑張っている隠れた努力家です

山形県という狭いフィールドで活動する点は一緒だけども、米沢牛とこの『どまんなか』を使用した『牛肉どまんなか弁当』で一般の知名度は『はえぬき』よりも高い(と本人は思っている)ことが密かな誇り。

そのせいか、自己主張は『はえぬき』より上手で、発言も活発に行う。

でも意外とはえぬきより厳しい環境には打たれ弱い(が本人も重々承知している)。
興奮すると訛り?が出やすい。


概要


山形県で『はえぬき』と双角を成す…はずだった山形県第二の悲運児。
今や牛肉どまんなか弁当のためだけに存在する(嘘)。

ササニシキによく似たソフトな食感ながら、ササニシキよりも粘りがやや強い。
日本穀物検定協会の食味試験ではササニシキ並みかやや優るとの評価。
米の食味にかかわると言われる粗蛋白質含有率はササニシキより0.2~0.3%高くなっています。

『どまんなか』育種開始当時の昭和56年(1981年)、山形県で主力であったササニシキは全国的に無理な産地拡大による評価低下、さらに耐病性や耐倒伏性の不十分さが問題とされていました。加えて奇しくも平成5年の大冷害により大損害を受け、耐冷性の低さも露呈するなど、販売上も栽培上も大変厳しい状況に追い込まれていました。
さらにそれ以前から日本は”米余り”の時代へと移りつつあり、「量」から「質」へ、米に対する要求の変化も、ササニシキに代わり、かつ山形県オリジナルの主力品種への渇望へと繋がっていました。

平野部、中山間地それぞれに主力品種を、ということで期待されたのが平野部『はえぬき』、中山間地『どまんなか』の2品種でした。
山形県内では(県外ではどうでしょう?)「はえぬき!どまんなか!」と両品種の名前が並んだ看板をよく目にしたものでした。(いまでも超色あせた看板を見られないこともないデス。)

しかしながらやがて耐冷・耐病性と食味に勝る『はえぬき』が、『どまんなか』が担うはずだった中山間地でも作付を伸ばしていきました…とはよく言われるのですが
食味に関しては単純に「おいしい」「まずい」ではなく、ササニシキ系の食味を持つ『どまんなか』よりコシヒカリ系の食味を持つ『はえぬき』の方が時代の要求に合っていた…ということも大きいようです。
ただし耐冷性「やや弱」、耐倒伏性「やや強」、耐病性(稲熱病)「やや弱~中」と、『はえぬき』(「強」「強」「中」)に比べて劣るのは確かです。

やがて県の奨励品種からも外された『どまんなか』ですが、『はえぬき』の1割程度の作付で生産が続けられています。


育種経過

昭和56年(1981年)、山形県農業試験場庄内支場で母本『イブキワセ』父本『庄内29号』の交配から生まれた後代から選抜されました。
耐倒伏性と良食味に優れるが耐病性で劣り、玄米外観が劣る『庄内29号』に『イブキワセ』の玄米品質、そして耐病性を導入するのが主たる育成目標でした。

1981年交配。
1982年雑種第一代養成。
1983年個体選抜、1984年単独系統と選抜育種。
1985年のF4世代より『庄216』の系統群番号が与えられ、1987年F6世代で『山形35号』の地方系統番号を与えられるに至ります。
以後奨励品種決定調査や食味試験などが行われ、晴れて1991年山形県の奨励品種となりました。(その後は…前述してますので聞かないでください…)

同時期デビュー予定だった山形35号・山形45号共に名称公募を行い、11万1,142点の応募の中から『えりぬき』『だんとつ』の二つが選ばれました。
そうして選ばれた『だんとつ』をさらに検討、平成4年(1992年)6月25日に山形35号は『どまんなか』と命名発表されました。(山形県がこれからも稲作の中心地であることを、またおいしさのどまんなかをつきぬける味わいのお米であることを意図して)


系譜図

父本の『庄内29号』は『はえぬき』の母本となっており、実は二人は異母(?)姉妹。

山形35号『どまんなか』系譜図

0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

最近?の投稿