2016年9月10日土曜日

上育453号~ゆめぴりか~ 【特徴・育成経過・系譜図・各種情報】

地方系統名
 『上育453号』
品種名
 『ゆめぴりか』
育成年
 『平成19年(西暦2007年) 北海道 道立上川農業試験場/研究部 水稲科(農林水産省指定試験地)』
交配組合せ
 『北海287号×ほしたろう』
主要産地
 『北海道』
分類
 『粳米』


どんな娘?

北海道でも最年少の部類に入るが、今や北海道米を先頭で引っ張っている娘。

細かいことが気になってこだわる性分に加えて泣き虫であり、一時は周囲からかなり心配された。その性格は多少改善したものの、やはり多少残っているところはある。
丁寧な仕事ぶりでエースに抜擢されたものの、プレッシャーに負けて初年度に大コケした苦い思い出もある。
だがその時も『おぼろづき』のフォローを受ける等、周囲の北海道米達に支えられて日々頑張っている。


概要

『とりまたぎ』(鳥もまたいで食べないほど不味い)とまで揶揄され不味い安い米の代名詞だった北海道米。
その北海道米は『きらら397』で劇的な進歩を遂げ、『ほしのゆめ』、『ななつぼし』と着実な進歩を続け、そしてついにこの『ゆめぴりか』は山形県『つや姫』とほぼ拮抗する全国第二位の実力を持つまでに至りました。
…影が薄い『おぼろづき』さんはかわいそうなので触れないでおきましょう…


地球規模での気温の上昇、水稲栽培適地の北上が予想されていた当時、『ゆめぴりか』は多少の耐冷性の低さには目をつぶり、食味と収量の優れた(前代主力『ほしのゆめ』、『ななつぼし』比)品種として選抜されました。

デビュー当初年は天候に恵まれず不作となったものの、『ゆめぴりか』を求める声は多数にわたり、規格外品と『おぼろづき』のブレンド米としてまで消費者に販売したのは有名な話。(ああ…ここでも『おぼろづき』がなんともかわいそう…)
最近は(2016年現在)マツコ・デラックスさんのCM等、宣伝物をよく見ます。
『つや姫』の一年先輩にして好敵手『ゆめぴりか』、同じく道産米『ふっくりんこ』、『ななつぼし』と躍進が続いています。


山形県だって負けないぞ!


育種経過

交配は『北海287号(きらら397突然変異)』×『ほしたろう』。
母本は北海道米のお姉さん『きらら397』の突然変異体『北海287号』であり、同じ道産米の極良食味米『おぼろづき』の父本にもなっています。
適度なアミロース含量であり、産地間の差異を考慮しなければその実力は道産米随一と言われます。


系譜図


上育453号『ゆめぴりか』 系譜図



0 件のコメント:

コメントを投稿

最近?の投稿