2016年3月29日火曜日

山形95号 【特徴・育成経過・系譜図・各種情報】

地方系統名
 『山形95号』
品種名
 『山形95号』※商品名については自由命名可能
育成年
 『平成25年(西暦2014年) 山形県 県農業総合研究センター水田農業試験場
交配組合せ
 『山形59号×ちゅらひかり』
主要産地
 『山形県』
分類
 『粳米』


山形95号、よろしくおねがいします

山形県産米で大躍進中の山形97号「つや姫」。
そのつや姫と最終選考まで残って敗れたとされる(根拠検証中、未確認、本当かな?)のが、この山形95号です。
山形95号、山形97号共に育種が開始されたのは平成10年(1998年)。
この年、山形県は「次期主力品種の育成」を目標に
①高度耐冷性の早生品種
②環境保全型稲作に対応した耐病性品種
③熟期、地域性を考慮した中生銘柄品種
④省力・低コストの品種
の開発を目指した、とされています。(論文「つや姫の育成」より)
山形95号、山形97号(つや姫)共にこのコンセプトの育種目標の元、交配・選抜が行われたことは確か…なのかな?

山形95号は育種情報が乏しいですが
平成10年に母本「山形59号」、父本「ちゅらひかり」として人工交配。
平成16年(2004年)F8世代から「山形95号」の地方系統番号が付され、奨励品種決定調査に供試されました。
収量性・品質・食味及びいもち病圃場抵抗性(強)が安定して優れていることから極有望と判断、平成22年(2010年)1月に山形県の奨励品種(認定品種)に採用されました。
耐倒伏性は『中』、障害型耐冷性は『極強』、収量性ははえぬきにやや優る。
炊飯光沢が優れる「はえぬき」並みの良食味品種。

中山間地、特にいもち病抵抗性の強さを生かした特別栽培・有機栽培での作付が可能、つや姫、はえぬきとのすみわけが可能。

多くの宣伝、推進イベントをもって大々的にデビューしたつや姫とは対照的に、山形95号はひっそりとデビューしました。
品種名もそのまま「山形95号」。
商品名は各自治体等、販売者が自由に決めることができるのが特徴。
現在把握しているのが…

・最上町「夢まどか」
・尾花沢市「雪きらり」
・JA全農山形「ひだまり」
・サロンいっぷく(米沢市六郷町桐原)「星ひめ」
・藤助(高畠町上和田)「かぐや姫の詩」

品種名が「山形95号」とは少し味気ない気もしますが、いろんな名前の山形95号、売れてくれるといいです。
山形95号 系譜図

0 件のコメント:

コメントを投稿

最近?の投稿