2017年3月4日土曜日

山形100号~出羽きらり~ 【特徴・育成経過・系譜図・各種情報】

地方系統名
 『山形100号』
品種名
 『出羽きらり』
育成年
 『平成22年(西暦2010年) 山形県 県農業総合研究センター水田農業試験場』
交配組合せ
 『山形75号×ちゅらひかり』
主要産地
 『山形県』
分類
 『粳米(酒造適性米)』

なんで大きくならないんだ…平成23年のデビューから成長著しいですが管理人のイメージから小さいままです…
兎にも角にも
山形県の多用途米、酒造適性米『出羽きらり』の擬人化です。

粳米(多用途米)に分類されてはいますが、大半は酒造掛米用として利用されているようです。
出羽燦々・出羽の里・雪女神で構成される山形県オリジナル酒造好適米三姉妹と分類は異なりますが、彼女もまた「米どころやまがた」「吟醸王国やまがた」を支える品種です。

平成11年(1999年)にいもち病抵抗性が強い良質品種の育成を目標に母本「山形75号」、父本「ちゅらひかり」の交配を行い、その後代から育成されました。
はえぬきと熟期が同程度(山形県で中性の晩)で、玄米千粒重ははえぬきより1割程度重い(玄米一粒の大きさが大きい)。

雑味のない淡麗な酒質が特徴で幅広い日本酒の味に対応可能な出来るコ。
穂いもち病抵抗性、耐冷性ともに『強』と(管理人のちびっ子擬人化のせいで)見た目とは裏腹に丈夫で栽培特性が優れています。
平成23年(2011年)に山形100号としてデビュー、後平成25年(2013年)に『出羽きらり』へと改名。

う~ん…
なんで大きくならないんだ…
山形100号『出羽きらり』系譜図

0 件のコメント:

コメントを投稿

最近?の投稿