2017年2月12日日曜日

山形酒104号~雪女神~ 【特徴・育成経過・系譜図・各種情報】

地方系統名
 『山形酒104号』
品種名
 『雪女神』
育成年
 『平成27年(西暦2015年) 山形県 県農業総合研究センター農業生産技術試験場庄内支場
交配組合せ
 『出羽の里×蔵の華』
主要産地
 『山形県』
分類
 『酒造好適米』
山形酒104号『雪女神』、参ります。

出羽燦々から出羽の里へ、そしてその出羽の里から雪女神へ…連綿と受け継がれる山形県酒造好適米のある意味集大成、酒造好適米『雪女神』の擬人化です。
え?
出羽きらりちゃんはね…酒造適性米だし…ね?

平成13年、山形県農業総合研究センターで母本『出羽の里』、父本『蔵の華』の交配が行われ、そこから15年の歳月をかけて育成された山形県のオリジナル酒造好適米です。
主に吟醸・純米吟醸酒用の『出羽燦々』、純米酒・本醸造酒用の『出羽の里』とオリジナル酒造好適米を要していた山形県でしたが、日本酒の花形『大吟醸』用の酒米は県外の山田錦等に頼るところ大、という状況が続いていました。(出羽燦々の大吟醸等は勿論ありますよ)
米どころ山形県だからこそオリジナルの大吟醸用酒米を!との声はやはりあったようで、その様な蔵元が待望した悲願の山形県オリジナル大吟醸酒造好適米『雪女神』が平成28年から本格始動します。

出羽燦々に比較して大粒、粗タンパク質含量が低い、点状型で高い心拍発現率など、純米大吟醸に適する原料米として期待されています。
東北各県が次世代の酒造好適米を模索する中、つや姫に続いて山形県がまた一歩先行する形となりました。

山形県の酒造好適米、雪女神の名称は2017年より正式に名乗ることができるようになりました。
きれいな名前で個人的にお気に入りです。
雪女神。
山形酒104号『雪女神』系譜図

0 件のコメント:

コメントを投稿

最近?の投稿