2016年5月8日日曜日

飼料用米三太夫決定!

あら…ずいぶん唐突ですわね。


いつまでも組の三役が未決定では困りますからね。
通常は検査数量上位の三品種が役を務めてますけど、飼料用米は芍薬太夫三人で話し合って決めました。
芍薬(序列第一位)、牡丹(序列第二位)、百合(序列第三位)の三太夫は以下の品種よ~











芍薬太夫『夢あおば』
品種名は「飼料稲により水田が未来永劫守られることを夢見て」より命名。
飼料用米及びWCS兼用品種。

牡丹太夫『たちすずか』
茎葉中の糖分量が高く、発酵特性に優れる。
WCS専用品種。
百合太夫『もちだわら』
反収900㎏近くを誇る糯米の多収品種。
飼料用米想定品種。








まぁでもまだまだ発展途上、分類も曖昧だからこれから大きく変わる可能性はあるけどね。
まずはこの三品種で頑張ってもらおうじゃないかね。
ワタシ暫定芍薬太夫だったのに…外れてしまいましタ…



糯品種のもちだわらにも役に入ってもらったほうがいいんじゃないかってだけの話さ。
お約束の言葉だが、役にあろうがなかろうが、何を成すかで米の価値は決まるのさ。
…ハイ!
頑張りマス!

0 件のコメント:

コメントを投稿

最近?の投稿