2015年10月4日日曜日

山形45号~はえぬき~ 【特徴・育成経過・系譜図・各種情報】

地方系統名
 『山形45号』
品種名
 『はえぬき』
育成年
 『平成3年(西暦1991年) 山形県 県立農業試験場庄内支場』
交配組合せ
 『庄内29号×あきたこまち』
主要産地
 『山形県』
分類
 『粳米』
「は…はえぬきです…縁の下の力持ち…です……農家さんには、ごめんなさい…」

どんな娘?

引っ込み思案で自己主張が苦手。

ただ、自己主張が苦手なために知名度が低いだけで、その堅実かつ質の高い仕事ぶりは知る人ぞ知るところ。
とはいえやはりそれに見合う対価に恵まれない状況に本人も少しもやもやしています。
それでも決してくじけない、倒れない。

薄幸のおとなしい米っ娘です。


概要

魚沼産コシヒカリにも劣らない実力を持ちながら低価格での取引に悩まされる山形県が生んだ悲運児…自己主張に失敗した所が彼女の失敗…ってそれだけではないのですがね…
そんな『はえぬき』の擬人化です。
コシヒカリに匹敵する極良食味、かつ草丈が短く機械作業に適し、極強の耐冷性を持つ山形県の「ユメのコメ」です。


「生え抜き」なんてすばらしい言葉だと思うのですが、どうも世間の評価は芳しくない様子。
『蝿』とか『抜く』が連想されるーなんてブログ等見たことがあるんですが…貴方本当に日本語わかってんの?…って思ってしまうのは私がはえぬき贔屓だからです。
でも本当に日本語わかってんのかなぁ…そんな批判している方々わ…

日本穀物検定協会の食味ランキングで平成27年まで22年連続の特A評価を受けるという実力は折り紙つき、安定した品質を誇る優秀な品種。
このように特A評価を長期間受け続けたのは他に『新潟県魚沼産コシヒカリ』しかありません(『岩手県産ひとめぼれ』も惜しいところなのですが…)。
ただし、デビュー当時に山形県が箱入り娘として大事にし過ぎ、県外への作付に慎重になり過ぎたため、丁度デビュー時に冷害への弱さを露呈して一線から去りつつあった『ササニシキ』の作付を、『ひとめぼれ』他同世代の別の品種達に取られてしまうという悲劇が。
他、宣伝不足等も重なり、全国的な知名度はまったく上がらず、品質の割に安値での取引をされています。
ただし冷めても美味しい、美味しいのに安い、そんな彼女はセブンイレブン始め、食品業界には引く手あまたであり、一般消費者には『安くて美味い』米となって届いています。
そして何よりも
彼女の失敗は山形県になによりも大事な『教訓』を残しました。
大成品種『つや姫』の成功を陰ながら『はえぬき』が支えていると言ってもよいと、私は思います。


育種経過

昭和57年(1982年)山形県農業試験場庄内支場で母本『庄内29号』父本『あきたこまち』の交配が行われ、その交配から選抜されました。(相棒のどまんなかより一年遅れ)
耐倒伏性・良食味で優れるも玄米品質が芳しくなかった『庄内29号』に玄米品質の優れる『あきたこまち』を交配し、良質・良食味の品種育成を目標とした形です。

1983年にF1世代の養成。
1984~1985年にかけて雑種集団の養成(集団育種法であるのでこの時点での選抜は無し)と進み、1988年F6世代に『庄546』の系統群番号が付与され特性検定試験、生産力検定試験が行われました。
そして1990年F8世代に『山形45号』の系統名が付されました。
耐倒伏性(『強』)耐冷性(『極強』※当時の基準)に優れ、コシヒカリ系統の粘りと旨さを持つ極良食味米です。

山形35号・山形45号共に名称公募を行い、11万1,142点の応募の中から『えりぬき』『だんとつ』の二つが選ばれました。
そうして選ばれた『えりぬき』をさらに検討、平成4年(1992年)6月25日に山形45号は『はえぬき』と名づけられました。(庄内で生まれ、庄内で育ったまさに生え抜きの米が大きく飛躍し続けることを願って)


系譜図

後発品種の『山形95号』、『雪若丸』がいよいよ山形県で始動!
彼女達は『はえぬき』の跡継ぎとなるのか、はたまた全く別の立ち位置となるのか、これからも注目していきたいですね。

※『あきたこまち』の父本『奥羽292号』の祖先にいる『大系437』ですが、ネット上では圧倒的に『大系434号』の表記が多いですがそれはすべて誤りです。
この『大系437』が正解です。『あきたこまち』の記事参照。
山形45号『はえぬき』系譜図


0 件のコメント:

コメントを投稿

ブログ アーカイブ

最近?の投稿